運転共用者

運行供用者

運行供用者とは、「その自動車を自分の思い通りに使うことができる状況にあって、
自動車を運行することが自分の利益となる者」のことです。
人身事故に関して、自賠法で新たに設けられた考え方です。
運行供用者責任については、あくまでも「その自動車の運行支配と運行利益が誰に帰属するか」を
基準に判断されるので、運行供用者は、たとえ直接に自分が起こした事故でなくても、
一定の免責要件をすべて満たすことを立証しない限り、責任を免れることはできません。

さて、自動車事故で誰かにケガを負わせたり、他人の物を壊したりしたら、
その人は「道義的責任」と「法律上の責任」を負うことになります。