調停

調停

示談により解決できない場合、調停を申し立てる方法があります。
当事者の一方から簡易裁判所に申し立てをし、
「調停委員」が当事者双方の主張を聞いて解決できるようサポートしてくれる方法です。
調停が成立すると調停内容を「調書」にまとめます。
調停調書は「確定判決」と同様の効力を保有し、
裁判より手続きが簡単で費用が安く、短期間で解決できます。
ただし当事者の一方から調停を申し立てる形となるので、
一方が応じない場合は、強制できないのがデメリットです。