訴訟(裁判)上の和解

訴訟(裁判)上の和解

訴訟中に裁判官が当事者に和解を促し、
判決を待たず和解の成立をもって訴訟が終了する事をいいます。
交通事故裁判が非常に多発する現在においては、
積極的にこの方法がとられているようで、双方の意見がある程度出た段階で、
和解勧告されることが多いでしょう。

なお「訴訟上の和解」と「裁判上の和解」は、厳密にいうと全く同じではありませんが、
ここでは問いません。

(財)交通事故紛争処理センター(以下、紛セン)による示談の斡旋

嘱託弁護士が交通事故に関する相談や示談の斡旋・審査を無料で行っています。
相手方に保険会社が介入しているケースにおいてのみ、
被害者は相談することが出来ます。
紛センの嘱託弁護士が双方の意見を聞いて示談の相談、斡旋を行います。
紛センが最終的に決定した内容(裁決または裁定)には、
保険会社は従わないといけないルールになっていますので、
保険会社の主張がどう考えても理不尽な場合は、有効な手段かと思います。