過失とは

過失とは

一般的には、自動車の運転者の不注意のことを意味します。
しかし自動車といっても、小型車から大型車や特殊自動車があり、それにバイクや自転車、さらに歩行者まで、様々な事故形態が見られますし、それぞれの事故で様々な過失が存在します。
→加害者の一方的な不注意による過失
信号待ちで停止していたら、いきなり後ろから追突されたというような場合は、加害者側に100%の過失があります。
→交通弱者に過失がある場合
赤信号を無視して交差点を渡る歩行者が事故にあった場合は、歩行者側に重大な過失があることになります。
→双方に過失がある場合
交差点などでの出合頭事故の場合は、加害者と被害者の両者の不注意によって起こるので、過失は双方にあります。