治療費

治療費

原則として、実費全額となります。

1. 治療費・入院費などは、必要かつ相当な範囲で実費全額が認められます。(※)
2. 交通事故の治療でも、健康保険証を提示して、健康保険を利用することができます。(加害者側は健康保険組合等から求償されます。)
3. 鍼灸、マッサージ、治療器具、薬品代等は医師の指示がある場合、有効かつ相当な場合に認められます。(温泉治療費は医師の指示がある場合のみ認められています)
4. 症状固定後の治療費、将来の治療費等、原則的には認められていませんが、症状固定後でも症状の内容、程度、治療の内容により、症状の悪化を防ぐなどの必要があれば認められます。

※ただし濃厚診療、過剰診療、贅沢診療の場合には、治療費のうちの一部が認められない場合があります。
濃厚治療:医師が必要以上に丁寧な診療を行うこと。
過剰治療:医師が医学的に不必要な診療を行うこと。
贅沢診療:被害者が高額な治療方法を選択したため治療費が高額になった場合のこと。