就労可能年数

就労可能年数

55歳未満の者は、67歳まで就労可能とし、55歳以上の者は、
平均余命年数の2分の1で計算します。
以上のように様々な損害項目がありますが、
これらはすべて被害者本人が損害を受けていることを証明して請求しなければなりません。
この「証明」という難しいハードルを越えてこそ、損害に見合った補償を手にすることが可能となるのです。
しかし、実際に「証明」するに は、何をどのようにすればよいのか?
また残存症状によって不自由で身動きも難しいような場合はどうしたらよいのか?
実生活に負われて、賠償請求に時間 をさく余裕がないときは?
当センターは、保険会社に対して損害を証明することが難しいあなたに、
そして何が何でも妥協はしたくないあなたの損害の「証明」をサポートしているわけです。