責任

賠償義務

交通事故の賠償責任については、主に民法、自動車損害賠償保障法(自賠法)に定められ、
おおむね以下の通りになっています。

区分 賠償義務者 根拠法規
人身事故 加害者(運転者) 民法709条
使用者 民法715条
運行供用者 自賠法3条
物損事故 加害者(運転者) 民法709条
使用者 民法715条

ここではそれぞれの賠償義務について解説します。

運転者

事故を起こして他者へ被害を与えた自動車の運転者は、
故意又は過失によって他人の権利を侵害した者として、損害賠償責任を負います。
また運転者が未成年であっても、責任を認識する能力を有する場合には、
未成年を理由に賠償義務を免れることにはなりません。

使用者

従業員である運転者が事故を起こした場合は、その事故が業務中のものであれば、
会社や雇主も使用者としての責任を負うことになります。

運行供用者

運行供用者とは、「その自動車を自分の思い通りに使うことができる状況にあって、
自動車を運行することが自分の利益となる者」のことです。
人身事故に関して、自賠法で新たに設けられた考え方です。
運行供用者責任については、あくまでも「その自動車の運行支配と運行利益が誰に帰属するか」を
基準に判断されるので、運行供用者は、たとえ直接に自分が起こした事故でなくても、
一定の免責要件をすべて満たすことを立証しない限り、責任を免れることはできません。

さて、自動車事故で誰かにケガを負わせたり、他人の物を壊したりしたら、
その人は「道義的責任」と「法律上の責任」を負うことになります。

道義的責任

被害者の自宅にお詫び・お見舞いに行くのは、人間としての最低限の責任です。
何がどうあっても、まずは果たすべきことです。

民事上の責任

被害者に対して、その被害を補償しなければなりません。
これを「損害賠償責任」といい、自賠責保険や任意保険の対象となるのが、この部分です。
ちなみに、車を運転していて人身事故を起こした場合、
自賠法3条と民法709条および715条により、
ほとんどのケースにおいて損害賠償責任の問題が発生します。

刑事上の責任

人を負傷させたり死亡させたりしたときは、刑事上の責任を負い、
「刑罰」を受けることになります。業務上過失致死傷罪を思い浮かべる方が 多いかと思いますが、
平成19年6月12日以降の交通事故については、
同日施行された自動車運転過失致死傷罪が適用されるため、
従来よりも重い責任を負う ことになります。
さらに悪質な場合には、危険運転致死傷罪が適用されますが、
こんな事故に巻き込まれては、被害者はたまりません。

行政上の責任

違反行為に応じて付される違反点数の累積により、
運転免許が取り消しまたは停止になることや反則金(行政罰)が挙げられます。