過失

過失、過失割合、過失相殺……。交通事故では、必ず出てくる言葉です。ここでは、それぞれの意味や、どのような基準になっているかを解説します。

過失とは

一般的には、自動車の運転者の不注意のことを意味します。
しかし自動車といっても、小型車から大型車や特殊自動車があり、
それにバイクや自転車、さらに歩行者まで、様々な事故形態が見られますし、
それぞれの事故で様々な過失が存在します。
→加害者の一方的な不注意による過失
信号待ちで停止していたら、いきなり後ろから追突されたというような場合は、
加害者側に100%の過失があります。
→交通弱者に過失がある場合
赤信号を無視して交差点を渡る歩行者が事故にあった場合は、
歩行者側に重大な過失があることになります。
→双方に過失がある場合
交差点などでの出合頭事故の場合は、加害者と被害者の両者の不注意によって起こるので、
過失は双方にあります。

過失割合

過失割合は、後述の過失相殺の理論を現実レベルにあてはめたものです。
たとえば歩行者が、歩行者用の道路を歩いている時に自動車と事故にあった場合、
通常は自動車側の責任が100%となります。
しかし歩行者が、歩行者信号が赤なのにも関わらず横断歩道を横断して事故にあった場合は、
歩行者の過失が70%とされます。
このように事故時の状況によって当事者の責任の割合を実際に決めていくのが「過失割合」なのです。

過失相殺

交通事故において、被害者にも過失があるケースは少なくありません。
被害者にも事故の発生や損害の拡大に落ち度がある場合に、
損害賠償額 を減額するやり方として過失相殺というものがあります。
これは自らの故意や過失に基づく損害を第三者に転嫁すべきでないとの公平の理念に基づく方法です。
例えば、交通事故で被害者に500万円の損害が発生した場合に加害者の過失が80%、
被害者の過失が20%とすると、被害者が請求できる損害額は400万円となります。
交通事故では同一の事故類型が多いですが、同じ事故で過失割合が裁判官によって
異なるのも法的安定性を害します。そこで現在では過失相殺 の判断の基準として、
過失相殺の認定基準表(別冊判例タイムズ16号)をもとに事故の態様がわかれば、
大まかな過失割合がわかるようになっています。
過失相殺は、まず各損害費目を合計して全損害額を算出し、
総損害額から過失相殺して賠償額を算定します。
ただ健康保険等の社会保険給付がある場合は損害額から保険給付額を引いた残額に対して過失相殺をします。
なお、強制保険である自賠責保険は被害者保護の見地から設けられた保険であるので、
被害者に70%以上の重過失がなければ過失相殺されません。