後遺傷害

後遺障害

事故以前のような元気な状態に戻したい、と積極的に治療を受け、懸命にリハビリを頑張ったものの、
治らずに不具合が残ってしまった。
このような場合、後遺障害の審査を受けて後遺障害等級が認定されますと、
その等級に応じた慰謝料や逸失利益などの損害を賠償請求できることになります。

後遺障害認定の実情

しかしながら、この後遺障害の等級認定についてですが、その審査において、
被害者の実情を反映させるような、適切な手続きを進められていないケースが少なくありません。
ここで、今一度、 支援実績のページで挙げた例 をご覧ください。
一旦下された後遺障害等級についての判断・結果が、個々のケースについてそれぞれ適切な
根拠や証拠を準備して異議申し立てを通して主張したことにより、
次々とより高い後遺障害等級が認められたことを示しています。
つまり、最初の後遺障害審査において、適切な根拠を基に、適切な判断がされていないケースが、
あまりにも数多く見られるのが実情です。
そして不適切な後遺障害認定を受けた被害者のほとんどの方は、
納得してはいけない不当な認定等級を基準に不利益な示談を余儀なくされ、
本来受け取ることができるはずの賠償金をもらえないで苦しんでいます。
(保険会社の隠れた不払いと言っても過言ではありません。)
後遺障害等級が正当か?無料でチェックいたします。
このように「損害の証明」は賠償請求において、とても難しいステップなのです。
後遺障害等級が適切で正当なものであるか、あるいは不適切な判断がされた不当なものであるか、
当センターが無料でチェック(分析およぶ検討)いたします。
納得できないこと、疑問に感じること、分からないこと、何でもお気軽にご相談ください。
お問合せフォームから、あるいは お電話でご相談ください。(相談は無料です)